資産運用セミナー、FP資格取得講師、マネーコラム等の執筆、家計の見直し、保険・住宅ローン、資産運用等の各種の相談を承ります。

〒001-0023 札幌市北区北23条西2丁目2-20 ル・ノ―ル23 110号 TEL/FAX:011-596-6333
第15回 既発債について(2014/8/7)

第15回 既発債について(2014/8/7)

既に発売され債券市場で取引されている債券を既発債といいます。
既発債は、満期償還までの期間が様々です。
「10年運用するのは期間的に難しいが3年ぐらいの期間、預貯金よりもいい利率の商品
で運用したい」ケースなどで検討したい金融商品になります。

冒頭、既発債のことを市場で取引されている債券といいましたが、実際の既債券取引は、
投資家の方と証券会社の間で行われる相対取引によって行われます。
証券会社が手持ちの既発債の市場価格を参考に販売するスタイルになります。

証券会社によっては、その会社のホームページをみることで、どのような既発債を販売し
ているか表形式で確認することができます。

既発債を選択するポイントは、
1.満期償還までの残存期間
2.発行体(債券を発行した国や企業)の格付け
3.満期償還まで保有した場合の年利回り(最終利回り)
が主なものになります。

既発債は、証券会社が現在手持ちの債券を販売していますので、希望していた債券が売り切
れてしまうケースがあります。また、日々手持ちの既発債が変わります。既発債での運用を
考える場合は、日々販売されている商品の確認が必要になります。

物価は徐々に上がってきていますが、預貯金の金利上昇は、まだ先かと思います。少しでも、
高い利回りを確保したい方は、既発債での運用を考えてみてはいかがでしょうか。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です